肩こり、腰痛症。訪問・在宅・往診マッサージ・はりきゅ・リハビリ。交通事故。骨盤矯正。大阪市生野区。天王寺区。東成区。平野区。東住吉区。

骨盤矯正(調整)

☆ 腰痛症でお悩みの方に!

骨盤矯正(調整)の ご案内(スライドショー)  



  治 療 費    1,500円   *但し、初回のみ「初診料」200円が加算。

  治療時間   10~20分

 ☆ 本治療に物療 機器治療を加えると、効果が格段にアップします。

  料金は変わりませんが、治療時間が 35~45分 かかります。

  時間の余裕があれば、ぜひ併用をお勧めします。

     各種物療 機器 については ⇒ 干渉波治療器低周波治療器マイクロ波治療器
     の項目をクリックすれば、詳しく説明しています。


2,000円で、頚椎調整治療(1,500円)も同時に行なえます。

骨盤が「歪(ゆが)む」って、どういうこと?  

骨盤を取り囲んで、外側の筋肉だけではなく、重要な働きをしている内側(深層部)の筋肉があります。

特に深層部の筋肉は、インナーマッスル として知られるようになり、その重要性も認識され始めています。

それらの筋肉の状態にアンバランスがあると、外見上 「ゆがんでいる」ように見える 状態が出てきます。

だからと言って、絶対に異常であるとは限りません。    見た目は悪いですが・・・

許容範囲内の違い であり、症状や病気の原因になっていない ことも多くあるので、過剰に反応するのも考えものです。

姿勢のバランスをとっているのは、もちろん筋肉です。その筋肉を調整しているのは、運動神経及び自律神経 です。

筋肉や骨格にかかる負担により、運動神経・自律神経のバランスは乱れやすくなります。
そうなると、単なる筋肉の「痛み」や「だるさ」にとどまらず、さまざまな内科疾患の「原因」にもなったりします。

実は外見上の歪(ゆが)みよりも、運動神経・自律神経の働きが悪くなっている方が、より問題 なのです。

骨盤矯正(調整)の目的  

☆ 運動神経・自律神経の機能異常を正常にし、症状を改善する。

         もちろん外見上の姿勢も良くなる。見た目も大事!

そこで! 以下の三点が治療の柱になります。  

① 負担のかかっている筋肉の硬縮の軽減

② 骨格のバランスの調整

③ 運動神経・自律神経の調整

具体的には

  • カイロ手技治療・・・筋肉の歪み に対して
  • アクティベーター・メソッド治療・・・運動神経・自律神経の異常 に対して

この2つの治療を組み合わせます。

アクティベーター・メソッド治療について     

実際の治療

 アクティベーターという小さな器具を使って、関節や筋肉にある固有受容器 に素早く軽い刺激を加えます。
人間の関節・筋肉には、動く時に 40~50ヘルツの周波数による震動が発生します。その振動に同調する刺激を関節や筋肉に送り込み、神経機能を調整・活性化させます。

このテクニックの特徴として・・・・

  • 素早く、軽い刺激を加えるだけなので、全く痛くありません
    小さなお子さん・老人・骨の弱い人でも安心・安全です!
  • ピンポイントで治療部位にアプローチするので、正確に刺激が伝わります
  • アジャスト(矯正)するスピードが速いため、体の深部まで刺激が伝わります。
    (手技で矯正する100~300倍以上のスピード)

豆知識  

インナーマッスルについて  

ここをクリック 詳しく書かれています。但し、商品の宣伝も多いので、ご注意ください。決して当院でお勧めしているものではありません。宣伝部分は無視しましょう。他にも、ていねいに説明されているサイトは、たくさん有りますので、気に入ったサイトを探してみましょう。

インナーマッスルの鍛え方は、自己流・我流と言われようが、ご自身でされるレベルで健康維持には十分 です。
(極める! プロのインストラクターを目指す! なら別でしょうが・・・)

自分でできる範囲は自分でする。  健康維持に限らず、すべての基本ですね。

それでも不都合な症状が出てくる。 ⇒ 治療を受ける事を検討してみましょう。

困ったことに、骨盤周囲はバランスが悪くなっても自覚しにくい。  

身体に負担のかかる姿勢が習慣になると、いろいろとバランスが乱れやすくなります。
痛みを感じる とか、調子が悪くなる とかのシグナルをすぐに自覚できればよいのですが、無自覚なままに時間が経過することが多く見受けられます。
自覚症状が出てくる頃には、アンバランスな状態が慢性化している訳です。

そうなると、骨盤矯正をして正常な形に持っていっても、身体が前の悪い状態を覚えてしまっていて、その状態に戻ろう としてしまいます。
(悪いクセは残りやすい・・・  何事も そうですね。)

バランスは一気に良くはなりません。良い状態と悪い状態とを繰り返しながら、徐々に良くなっていくことが多いのです。
その期間には個人差がありますが、数週間から数か月(時には数年)かかる場合もあります。

気長に、個々のバランスの状態をみる必要が出てきます。

骨盤周囲がアンバランスになる原因  

いろいろ考えられるのですが、その代表的なものを挙げてみますと、

  • 外傷(けが)・・・・・骨折・脱臼・打撲・捻挫 など
  • 職業・生活習慣などによる不良姿勢・オーバーワーク など
  • 精神的要因・・・・・落胆・緊張・ショック など
  • 化学的要因・・・・・栄養不足・薬物中毒 など
  • 物理的要因(気候的なものも含む)・・・・・高熱・寒冷 など

骨盤の構造  

以下の骨で構成されています。
◎ 腸骨(ちょうこつ)
 下半身の運動を行う重要な筋肉が付着しています。大腿骨といっしょに股関節を形成します。
◎ 寛骨(かんこつ)
 腸骨、恥骨、坐骨(ざこつ)が化骨癒合したものを呼び、外側と前方の壁をつくります。
 また、前方では恥骨結合の部分で結合し、後方では中央部の仙骨の左右側面にある耳状面で結合して 仙腸関節 をつくっています。
◎ 仙骨(せんこつ)
 腰の中央、背骨の一番下に在る三角形の形をした骨のことです。上に、腰椎(ようつい)以上の脊柱(せきちゅう)、すなわち腰椎5個、胸椎12個、頚椎7個が乗り、さらに頭蓋骨が乗っています。
 つまり、上半身はすべて仙骨に乗っかっているとも言えます。
言いかえれば、体幹の重量をも支えていると言えるのです。
 仙骨は体の中央に位置する、とても大事な骨なのですが、仙腸関節部分で、微妙かつ自由に動くことが最近分かってきました。
 仙骨孔という穴があり、ここから自律神経のひとつ 副交感神経が出発しています。仙骨・仙腸関節の動きが良くなることで、副交感神経の働きを良くしリラックスできます。

何かとストレスの多い現在、えてして交感神経が過剰に優位になりがちな状態を、バランス良く戻してくれる効果が期待できます。
 
 ★ 仙腸関節
 仙骨と腸骨からなる関節です。強力な靱帯に保護されていますが、関節面は耳状面といって、ほんの微妙な程度ですが、ずれを生じやすい構造とみられています。

 なお、仙骨と尾骨(仙骨の下端に付着している)で後壁をつくります。

 ☆「骨盤」は、上半身の支えになっているだけではなく、腸管や骨盤臓器の保持に役だち、下肢骨の基部ともなっています。

まさしく、身体の「要(かなめ)」 と言えます。

骨盤の男女差 

 ちなみに、骨盤は男女の骨格のなかでは、もっとも性差が大きいものですが、同時に個人差も大きいものです。
 一般的には、女性骨盤は分娩時の胎児の産道となるため、これに適した形になっています。

前述したように、骨盤は体の中心に位置しています。そして、どのような姿勢でも常に負担がかかっています。
さらに、日常生活の習慣や仕事、悪い癖、骨盤周囲の筋肉などにも大きく影響されています。
その為、時間はかかりますが、根気強く少しずつでも骨盤のバランスを良くして、体調を整えていくようにしましょう。



powered by Quick Homepage Maker 4.05
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional